FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イルカ漁の町をこの目で見て~意識を変えるときが今~

こんばんは!!

大鳥清空です。

昨日はイルカ漁で有名な太地町で

イルカ漁反対のデモ運動がありました。

今回歩くデモは初めてのことだそうで

ニュースにもなっていましたよね。


海外の動物保護が進むにつれて

日本の意識も変えていく時がきたのではないでしょうか。






今日は以前書いていたブログをもう一度こちらに

載せたいと思います。


僕たち夫婦も以前個人的に太地町へ行きました。

イルカたちがどのような環境で、そしてどのような扱いを受けているのかを

自分たちの目で見てしっかりと確認するためです。

この記事を読んで少しでも何かを感じていただけたならば

それが本心だと思います。


今僕たちを取り巻いている環境、物事、

僕たちが生まれた頃には当たり前にあったことがほとんどです。

ですが

それが当たり前だと見過ごさないでください。

僕たち人間が変わらなければ世界は変わりません。

ひとりひとりの主張が今を変えて未来を変えることができます。






====================================================


二日目…

起きてすぐクジラの博物館へ出発。

他の方のブログも見たりして

だいたいの内容はわかっていたのですが

自分達の目で見ておきたいと思ったので

意を決してチケットを購入しました。

IMG_6329.jpg


緊張のなか一歩足を踏み入れると

頭上には大きなクジラの模型が吊ってあり

横にはお土産やさんがありました。

イルカやクジラの記念となるグッズが

並ぶ中に…

ありました、

クジラの浅漬け。

クジラの干物。

うわ、さっそくきましたね。

1階にはクジラ漁の歴史

薬品のにおいと内容に言葉を失いました。


2階には

IMG_6446.jpg


写真におさめきれない程の

たくさんのホルマリンにつけられた

イルカの赤ちゃんやクジラたちがいました。

IMG_6444.jpg


IMG_6436.jpg

IMG_6448.jpg

一つ一つ説明が書いてあるのですが

それよりもこのイルカたちは

この展示の為に殺されてしまったのか…

という気持ちばかりが浮かび

胸が痛かったです。


IMG_6447.jpg

クジラの髭をつかった装飾品の紹介や

クジラの肉の加工品の紹介もありました。

色々な分野でクジラの肉が使われています。



3階では捕鯨の始めをつくった方の

写真や紹介がされていました。

捕鯨の最初は海外の方だったんですね。

初めて知り驚きました。

なかなかの打撃の中で外へ出ると

イルカショーの場所を発見。

アルビノの真っ白いハナゴンドウも

ショーのメインになっているようです。

ちょうどクジラショーが

始まる時間帯のようで

イルカショーのプールはあまり人が

いませんでした。

近づくと小さいプールの中で浮かぶ

大きなイルカさん達。

その横ではカマイルカさんかな?

まだ小さい子達が3.4匹遊んでいました。

IMG_6335.jpg


その横にはイルカを運ぶらしきトラックがとめてあり

なんだか

表と裏の世界の両方を見ている気がして

その差に怖ろしさを感じてしまいました。

IMG_6450.jpg


僕達が近づくとイルカさん達も

近くまで来てくれたのですが

とても目が疲れていて

背ビレもストレスのせいかヘナヘナに曲がってしまっていました。

そして

身体には網目状の傷もついていたのです。

疲れたようにプカプカと水の流れに

身をまかせる子もいれば

ショーの決めポーズを

必死に練習している子もいました。

僕らに見せようとしてくれていたのかな…

自分達の今いる場所で必死に生きようとしている姿に涙が止まりませんでした。

太地町のイルカ漁から選別されて


ここに来た。

家族は無事だったのだろうか。

目の前でたくさんの惨劇を目の当たりにしたんだろうな

心の傷はどうなのだろうか。


人と同じようにイルカにも心があります。

自分の意思で息継ぎし、泳ぎ、鳴きます。

どんなことがあっても

イルカ達はいつでも僕たちに笑いかけ

喜びをくれ癒しを与えてくれます。

そうしなければならない場所だから。


僕は小さい頃から水族館が大好きでした。

近くでイルカやシャチ、アザラシなどが

見れるしかわいいし楽しいし

カッコいいショーも見れるからです。

でもこれは僕の自己中心的な考えだと

気づきました。

イルカ達や野生の動物が本来過ごす

壮大な世界に比べたら

水族館は本当に小さな小さな檻にしかすぎないと思います。

本当に動物が好きなら

違う角度から見る必要があるのではないでしょうか。


動物が好きだからいつでも会いたい

できるだけ近くの場所で。

それで本当にいいのかな…

イルカ達はどんな気持ちなんだろうか。

これで本当に好きと言えるのかな


イルカ漁の際にも必死で漁師の手から

逃げようとするイルカの姿を
見たことがありますか?

人間は狙った獲物を確実に捉えようと

追い詰めます。

イルカ達は必死で逃げます。

必死で生きようとし

必死で仲間を守ろうとします。


そのイルカ達の気持ちを汲み

彼らは海、私達は陸上で

互いに生きることが人の道、道徳的な考え だと

僕は思っています。


伝統だというなら

人が見えないような場所で

コソコソするべきではない。

イルカの殺し方も

伝統で受け継いでいるなら

ビニールシートなどで覆い隠さず

みんながみえるところで

胸を張ってすればいいじゃないか!

僕達の心の叫びです。


クジラ博物館で懸命に生き

何事もなかったように

私達に幸せの時間をくれる

イルカやクジラ達に

君たちが安心して暮らせる海にしたい

これ以上苦しむ子達がでないように

なんとかするからね

そんな思いを伝えて帰ってきました。

今何もできない自分が悔しい。

もどかしい。

そんな気持ちでいっぱいです。

人の勝手で尊い命を捧げてくれた

動物達の冥福を心からお祈りします。

ありがとう

ごめんね


seiku







スポンサーサイト

偏見をもつとは。ある議員さんの発言が気になる

こんばんは!

大鳥清空です。

順調なぐらい日焼けの皮がめくれつつあります笑

今までこんなにめくれたこともなかったので

今年の日差しの強さを痛感します。

そして肌も生きているんだな・・・としみじみ笑

紫外線は今だけではなくてこれからの肌にもかなり影響するので

みなさん、海に行かなくても日焼け対策に水分対策して

体調に気をつけてお過ごしください☆

ついつい肌への水分補給を重視してしまいますが

肌だけでなく、体内への水分補給も体づくり、肌づくりの重要なポイント

になりますのでしっかりととってくださいね^^

=====================================================

みなさん・・・LGBTについてどう思われますか??

LGBTというのは

女性として女性を好きになるレズ

男として男を好きになるゲイ

女性・男性ともに好きになるバイセクシャル

心と体の性が異なるトランスジェンダー(僕はこれです)

最近ではQという自分の性別、そして好きになる性別も定まらなクエスチョニングと呼ばれるもの

すなわち性的マイノリティと呼ばれる人たちのことです。



偏見の目が多く生きづらかった時代から

先代の方達の必死な行動・そして呼びかけによって

かなり生きやすい世の中になりました。

性別変更ができたり、婚姻届けを出すことができたり

就職でも気にしない会社がでてきたりと

それぞれの個性を認め合う社会に近づきつつありますが

まだまだ日本は偏見が多い国だなと思います。



偏見というのはその字の通り偏った見方です。

自分とは違う、または大勢とは違う、だから❍❍。

普通とは違う。

そんな考えや気持ちで物事、あるいは人を見て判断することです。

普通ってなんですか?

何が普通っていえますか??

多数の人がしていることが普通ですか??

よく常識という言葉を使ってごちゃまぜにする人がいますが

常識だって人それぞれの考えのもと動いているので

何が常識かなんて言い切ることはできませんよね。






今日、あるニュースでこんな事が書いてありました。

とある議員さんが同性カップルに対して

「生産性がない」と言ったそうです。


みなさんはどう思われますか??

LGBTQのような人々が増えていくと日本は崩壊するらしいです。

僕はもうすでにこの発言があった時点で

日本は崩壊していると思います。

人間は何のために生まれてきたのですか??


この議員さんの発言からすると

人間は子どもをつくるためにいるようですね。

だったら言葉も感情も必要ありません。

なぜ人は言葉を話し、表情が豊かなのでしょうか。

そして

なぜ人はそのような力を持って生まれたのでしょうか。

一生のなかで何かを学び、そして何かを成し遂げようとするからです。

それが人生と呼ばれるものであり、この世界を支える全てになります。

その人が一生に行う行動すべてが世界をつなげるものになるのです。

その一部に生産性と呼ばれるものが含まれるだけで

それが全てではないと思います。


マイノリティは1つの生き方です。


足が速い人もいれば遅い人もいる。ご飯が好きな人もいればパンが好きな人もいる。

その人たちを自分と違ったら仲良くしないのですか?

そんなことないですよね。

LGBTQの事となるとどうして違う目でみてしまうのでしょうか。

前にもお話しましたが

人間は変化を恐れる生き物です。

守りの体勢に入ってしまい経験したことのないことを恐がり

経験したことの中で生きようとします。

そして集団でいることで自分は間違っていないと安心して

自分を保とうとします。

だから知らないものは間違っている、排除すべきだと考えます。

この議員さんもきっと知らない未来を恐れているのではないでしょうか。

僕たちにもわかりません。

ただ、性別や年齢、様々な違いは関係なく

全ての人は何かを成し遂げるために生きています。

そのために悩み、学び今を生きています。

邪魔な人は誰一人としていません。

自分と考えが似ている人がいると安心しますよね。

そしてそれが大勢になると正しいこととみなされます。

それでこの世界をみると自分は怖いものなしです。

だって一人じゃないですから。

でもそれが本当に正しいのでしょうか。

僕にはわかりません。



みんな何か意味があって生まれてきたのに

力のある人や大勢が特定の人達をけなす。

そしてそれに賛同する人達。

もしそれが自分だったら・・・となぜ考えないのですか。

「生産性がない」たったその一言で

どれだけの人を傷つけるのか、自殺を考える人だっているかもしれません。

それぐらいきつい言葉なんです。


今、メディアやSNSなどの発展で誰かの一言がその他大勢の目に入り

人を動かす時代になりました。

ですが人の心は国の発展に追いついていません。

世界の変化とともに僕たち人間も変化しなければなりません。

そして僕たち一人一人が発する言葉、行動することに対して

もっと責任を持たなければならないと思います。


この世の中に正しいことなんて存在しません。

それぞれがそれぞれの立場でものを言い、

権利をもとめ、行動しているからです。

人生に答えがないようにこの世の中にも答えがないんです。

答えは僕たち一人一人が持っていること。

正しいか正しくないかは自分で決めることです。


人との違いを認めあいそれぞれの良さが強みになりますように。

今回の発言が正しいと世界が思いませんように。。


マイノリティ


seiku

Twitter、Facebook、フォローいいねお願いします☆
気軽にコメントも頂けると嬉しいです。




変えたいのなら主張すべし~クジラ浜海水浴場から学ぶ人のあるべき姿とは~






こんばんは!!

大鳥清空です。

今日は水族館の話と関連するのですが

太地町のくじら浜海水浴場についてお話したいと思います。

↓↓関心のある方はこちらもぜひ読んでみてください
水族館のおはなし

僕が書いた水族館についての思いです。

海外では動物のため水族館を廃止する方向へ向かっています。

日本はこのままでいいのでしょうか?という内容。

水族館廃止に協力しろというわけではなく

今を取り巻いている環境に今一度目を向けていただきたくて書いています。

なので様々な意見があって当然だと思っています。

ただ、あまりメディアでは取り上げられないので

この場でみなさんに現状を知っていただきたいんです。


それでは本題へ・・・

今年の7月12日。

和歌山県の太地町という所は「クジラ肉」「イルカ漁」が有名なところです。

その太地町でクジラと一緒に泳ぐことのできる海水浴場がオープンしました。

区切られた時間ではありますが

生け簀の中で過ごしているクジラが放たれて人々とふれ合うというものです。

写真を載せることができないので感想だけ。。

人々が囲っている中でクジラが顔を出しています。

楽しそうですね、人間にとっては・・・・

なかなか会えないクジラを間近でみることができて良い思い出になるでしょう。



クジラにとってはどうですか??

泳ぐところ泳ぐところ人の足だらけ。

キャーキャー言われて怖いだろうし追いかける人もいるみたいですね。

クジラの気持ちも考えてこのような浜をオープンさせたのでしょうか。

違いますよね。

自分たちの町を潤すための手段で人も喜ぶしいいんじゃないかという考えしか

受け取ることができません。

まさに私利私欲ではないでしょうか。


この世界は人間だけのものですか?

僕たちは人間ですから他の動物の本当の気持ちはわかりません。

でも同じ人の気持ちならわかります。


もし僕たちがそのクジラだったら・・・・


絶対に嫌ですよね。

狭いところに放たれたと思ったら

見ず知らずの大きいものに囲まれて追いかけられて叫ばれる。

このような行為をされて誰が喜びますか??


僕たちは人間の気持ちしかわからないから

同じ人間が喜ぶものをつくる。

それが他の生き物の領域を侵したとしても良い。

この考えは自己中心的だと思います。

人が人にする自己中心的な考えは悪いとされますよね。

でも人々が自分とは関係のないものにする自己中心的な考えは良しとされる。

これ、おかしいと思いませんか??

人ではなかったら何をしてもいいのでしょうか。








この世界で一番割合を占めているのは人間です。

そしてこの人間が一番賢いとされるなら

この矛盾のまま突っ走ってしまっていいのでしょうか。

僕は決して自分が賢いとは思っていません。

ですがあまりにも人の利益・娯楽のためだけに犠牲にするものが大きすぎる。

そしてそれをなんとも思わずに当たり前になっていることが本当に悲しいんです。



人は様々な感情を表現することができますよね。

それは他者の痛みや喜びを感じることができ

そして考えることができるからです。


相手の気持ちを考える。

それは人だけに当てはめるものではないんです。

この世界をつくっている、支えている全てのものに通用する万能な心です。


あまりにも人々はこの世界を自分たちのものだと思いすぎていませんか?

何もかもを操作して理解しようとして領域に踏み込む。

でもいざとなったら何も対処できなくて大惨事になる。

どんな分野でも同じ事がいえます。

それは人々が踏み込むべきところではないんです。


人は神様ではありません。

一人ではなにもできない無力な存在です。

ですが大勢と力を合わせればすごいパワーをだすことができる。

良い意味でも悪い意味でも。

どんな時でも誰かに、何かに助けてもらっているはずなんです。


動物・・・好きですか??

イルカ、好きですか??

好きだから水族館に行くんですよね。

好きな動物が苦しんでいたらどうですか??

ストレスを抱えながら身体にも目に見える形で症状がでているのに

それを見ないふりをして

イルカさんかわいいね、また来ようね。・・・って

残酷すぎませんか??


僕も奥さんも動物が大好きです。

大好きだからこそ苦しませたくないという思いを持っています。



どうか気づいてください。

僕たちの気づかないところで涙を流している動物がたくさんいます。

人が力を合わせればそんな動物をなくすことができるんです。

今ある現状が当たり前、正解だと思い、考え直すことをやめないでください。

そして何か違うと思ったのなら

流されずに少数だとしても声を上げて主張する勇気を持ってください。

その勇気は必ず何かを変えることができます。


人が本来もっている力を存分に発揮できますように・・・

seiku


















水族館は本当に存在するべきなのか

こんにちは!

大鳥清空です。

最近カヤックに乗って海を航海することにハマッています★

カンカン照りの中を潮風に吹かれながら大好きな海が全面に広がるのは

むっちゃくちゃ気持ちが良いですね!

リフレッシュします^^

この間からスナメリやイルカに連続で会えたので今日はこの話題・・・

水族館のお話です。

海の動物に会いにいくならどこにいきますか?

この質問をされたらみなさんはどう答えますか?




水族館

きっと多くの人がこう答えると思います。

それもそのはず。

日本は水族館の数が世界1位なんです!
(どこで1位とってるんだよ)

その数・・・・約100超え

一説では200を超えるとも言われています。

何気なく水族館で目にする動物たちですが

どこからやってきたのかそのルートは知っていますか??

❍海で捕まえる

❍国内(外国)からの購入


悠々と泳いでいる魚たちが突然拉致されるようなものですよね。

しかもそれを高値で売る。。。

これを人に置き換えるとものすごく恐怖を感じませんか?

しかも動物の取引はものすごくお金が動くことでもあります。


イルカ1頭・・・180万円

シャチ1頭・・・1億円

びっくりしますよね。

福沢諭吉が何人いるんだっていう笑


日本で安定の人気を誇っている水族館ですが

色々と問題になっていること

知っていますか?

近年の国の発達、技術の発展のおかげで

イルカや様々な動物の知能や習性などが以前より

さらにわかるようになってきました。



ここではイルカの生態を代表してお伝えさせていただきます。

イルカは超音波を使い、音波が岩や壁に跳ね返ることで周辺を察知して動くと言われています。

脳の大きさも人間とほぼ変わらない そうです。

特に視覚や知能に大きく関わる大脳も発達しているので

覚えることも考えることも判断することもできるんです。




イルカに助けられた説

ある人は、海で泳いでいた時にイルカに四方を囲まれ動けなくなったそうです。

なぜだろうと思い、周りをよく見ていると

なんとホオジロザメが近くにいてイルカたちに助けられたそうです。


調べてみるとダイバーやサーファーなどがイルカのおかげで

命拾いしたというエピソードがけっこうでてきます。

逆にイルカに襲われたという話は聞かないので

とても優しい性格なんだと思います。

そしてグループで行動することでも知られています。

テレビなどで海を泳ぐイルカたちもだいたい一匹ではなく何匹かの集まりで

見ることが多いですよね。

僕もこの間イルカに会ったとき5匹ほどの群れでいたことを覚えています。



色々な研究のなかで

イルカに限らず多くの動物に感情というものが存在するということも実証されており

今、動物への命の考え方が変わりつつあります。

今のこの世界の流れは人間が頂点に立つピラミッドのようなものではないでしょうか?

人という存在が絶対的なものであり、その他のものは全て人の支配下に置かれている。

毎日生きていくなかでこのことが頭から離れることはありません。



水族館の話に戻りますが

水族館の動物たちは高値で売買されていますよね。

人の手で人だけのために。


海は危険がいっぱいだから水族館で十分なご飯食べれて逆にラッキーじゃない?


そう思う人もいると思います。

でも現状は水族館の方が地獄だったりします。

もともといた海の広さといえば

水族館の水槽の大きさなんて比べものになりませんよね。

実際に水族館に行って動物を見ていると

背びれがふにゃっと曲がっていたり奇妙な行動を繰り返す姿が見られます。

これはストレスが溜まっている証拠なんです。

目にも必ず心理状態が現れるので野生を知っている人には一目瞭然ではないでしょうか。


これは全て人が人のためにしていることです。


海の動物なんて滅多に見れませんよね。

海外に住んでいる動物でも水族館に行けば見れますし。。

そして本来しないであろう輪くぐりなどを練習させて人々を楽しませる・・・。

これは人間にとっては楽しくて可愛くて良いことなのかもしれません。

ですが動物たちにとっては・・・・・。




可愛い、楽しいだけの人の感情にまかせてしまっていいのでしょうか。


水族館の動物たちは短命なのも事実です。

シャチも本当は60年や80年生きると言われているのですが

水族館では5,6年だそうです。


行く度に新しい代に代わっている子もいますよね。

最近水族館に行ってもシャチがいないのはこれが問題になったからです。


本当は自然でこそ生きることのできる動物であり

人の支配下にはおくべきではない生き物だという証拠ではないでしょうか。


そんなことも関係しているのか近年では

欧米を中心に水族館の廃止が進んでいます。

これは国の法律によって定められたことで

すでに国内に水族館が存在しないという国も出てきています。



僕も水族館が小さいときから好きでよく行っていました。

ですが、水族館は人の欲望の塊なのではないかと思うようになりました。

水族館の裏側で僕たち人間を楽しませるためだけに

胃薬を毎回飲みながらショーをして僕たちを相手してくれているのです。

それを表面上の満足だけで見過ごしてしまっていいのでしょうか。

なかなかメディアでは表向きのことしか言われませんよね。

「この夏にはぜひ水族館に!」

「みんなが待っているよ」

これは人間が作った言葉です。


近年技術の発達で動物の生態のことが明らかになってきています。

この時代になったからこそ

便利だな、良い世界だな、と思うだけでなく

そこで明らかになったことに対して対応していかなければならないように感じます。


よく思いやりを持てと言いますよね。

これは人が人を思いやればいいだけの話でしょうか。

そんな薄っぺらい言葉の意味ではないと思います。


人間は心も感情も豊かに持っていて行動することも言葉を話すこともできる生き物です。

その能力を最大限に活かして

今の状態はなにかおかしいのではないか。

なにかできるのではないだろうか。

今一度、僕たちの周りにある全てを見直す時代が今ではないでしょうか。


今が本当に幸せなのでしょうか。

この世界は何万種類もの生き物が存在しています。

そのうちの特定の種類だけが笑っていて権力をもっている

こんな世界が当たり前でいいのでしょうか。


みなさんはどう思われますか??

すべての生き物がしっかりと命を全うできるように・・・・

seiku




















いじめからは逃げるが正解!経験者が語る回避法

こんばんは!!

大鳥清空です。

こんな時間に何してんねん!!って・・・

ブログ書いてます笑

変な時間に申し訳ない( ノД`)



今日のテーマは

いじめ

なかなか解決できない問題ですよね。

それに受けている側からしたらしんどすぎる。

僕も小学校、中学校、高校、大学と

ほぼほぼいじめられてきました・・・

なんだよ、何したってんだよ!!!

おい、神か仏か何とかしてくれよ!!!!

俺のこと見えてんだろ?!


って叫びたくなる毎日でした。

いじめを受けていて何も感じない、自分がターゲットになっていることすら自覚していなかった

という人もマレにいますけどそれは鋼の心の持ち主です。

いじめに悩んでいる人はすっごく多いですよね。

そして耐えられなくて自殺

だったり相手を殺してしまう

事件が最近ニュースでもよく取り上げられます。

悲しい世の中です、本当に。

だいたいその後に気づかなかった

悩んでる様子はわからなかった

って決まり文句みたいに周りの人達は言うんですよね。

そりゃ、言えねーよ

本気で悩んでるヤツは表に出せずに苦しんでんだよ。


ってキレたくなります。

社会が見て見ぬふりをしているから一人で抱えるしかないし

一人で抱えるには重すぎる荷物なんです。

とうてい一人でどうにかできる問題じゃない。

一人で解決しようと思ったら

死ぬかこの地獄が終わる日を待ちわびるしか選択がないんです。

だからこんな事件ばっかり起きてる。

なのに世間は自分に責任がくる事が嫌だし面倒だから

決まり文句を言ってその場を終結させたがる。

生きていたらダークなことだってありますよ。

その事に目をつぶりすぎ!!!

目を向けたからこそわかることもあるし気づくことだってできる。

その事を学ばなさすぎる社会に怒りさえ覚えます。

いじめを受けている側は

表にだしたら余計にいじめられるかもしれないし

いじめられているなんて信じてもらえるかわからない。

第一自分がみじめに思うし弱い人間だって思われるのが嫌だ。

など色々な壁から身を守ろうとするんです。

だってこれ以上傷つきたくないから。

でもこれだけは言いたいです。

いじめを受けているあなたはすごいパワーをもっているから

弱くなんかないんだよ。


それはここから先を読んでもらえるとよくわかると思います。





●○●○●○●○●○●○●○いじめのメカニズム●○●○●○●○●○●○●●

いじめをする側(加害者)

家庭環境や今までの育った家庭の影響から

自分に対してや今自分が置かれている状態に何かしらの不満を持っています。

それは日々積み重なったもので自分ではわかっていないことが多い。

それをどこかにぶつけることで自分を保とうとする。

そのぶつけるという刃が被害者へ向く。

自分とは全く違うタイプの方へ向くことが多い。


いじめを受ける側(被害者)

突然なんの前触れもなくいじめが始まる。

相手はだいたい多くの仲間を連れて見た目的にこっちが弱い立場にしてくる。

そしていじめのエスカレート、誰も助けてくれない事などから

精神的にも苦しくなり人のことを信じられなくなる。

そして自分に悪いところがあるからなんだと無理矢理いじめを理解しようとする。

その結果、自分の事すら信じられなくてさらに追い込むことになってしまう。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●●○●○●○●○●○●○●○

これは今まで僕が受けてきたいじめを振り返ったときに

気づいたことです。

いじめた事はありませんが、いじめた側の話を聞いたり

その人物のことを考えたときにだいたい当てはまっていたことなので

皆さんにも共通することがあるかもしれません。

このメカニズムからもわかるように

加害者は何らかの心の叫びを持って

被害者に向かっています。

今まで言えなくて一人でモヤモヤしていたことを形を変えて出しているんです。

そのターゲットになってしまった被害者は

加害者からすれば自分の鬱憤を受け止めてくれる人になっているんです。

そして他の人にはない何かを感じとっているはず。

だからその他大勢の中からあなたをターゲットにしたんです。

無関心だと気にもされないですもんね。

加害者の頭の中は常に被害者のことでいっぱいです。

毎日嫌なことをするんですからそりゃ考えますよね。

それだけアナタが輝いている証拠。

いじめられているこっちにしたらむっちゃくちゃ腹立ちますけどね!


ちなみに僕の場合は先生に相談したことがあり

一回目は加害者に言われてさらにいじめがエスカレートしました。

二回目は時間が解決すると言われ知らん顔されました。

そこから誰かに相談するなんて無意味だと理解した僕は

保健室へ行ったり、学校を中退したこともあります。

言ってしまえばその場から逃げました。

でも逃げるということは危険を回避すること

つまり人生をうまく生きるための選択肢の一つだと気づいたんです。

決して自分が弱いからではなくて

今の自分の周りにいる人たちとは次元が合わない

だから違う世界を選ぼうということです。

今自分が追いつめられているということは

その世界で過ごす限界がきているということ。

だから無理にその世界に居座らなくていいんです。

誰がそこにいなくてはいけないと言ったのですか?

誰も言ってませんよね?

自分の人生の主役は自分です。

そして自分の気持ちに素直になること

相手が憎いですよね。だったら憎い。死ねばいいのにって思いますよね。

だったら死ねばいいのにって思っていいんです。

そのことを思う自分がひどい人間だと思って

自分の気持ちにさえブレーキをかけてしまうことが多いと思います。

とくにいじめを受けて精神的にも参ってしまっているので。

でも間違えないでください。

その気持ちのまま行動に出してしまうと

憎い相手の為に自分の人生を棒に振ってしまいす。

自分が憎い相手の為に犠牲になるなんて

そんなもったいないことしないでくださいよ!!!



因果応報という言葉があることを知っていますか?

これは簡単にいうと

自分のしたことは必ず自分にかえってくる

という意味なんです。

した事と同じ事がかえってくるとは限りませんが

必ず何らかの形で自分に戻ってきます。

だから人には優しくしようとか悪いことはしてはいけないって

言われているんでしょうね、きっと。


僕これを実際に目で見ました。


中学の入学式の翌日から卒業の少し前まで

僕のことをいじめていたグループがいたのですが

卒業式間近になって

いじめのグループ内で反乱が起きたようで

まずは主犯格のリーダーが孤立しみんなから無視されるようになったんです。

中高一貫の学校だったのですが

中学の卒業と同時にその子は学校を辞めていきました。

そこからどうなったかは知りません。

他のメンバーも今どうしているかは知りませんが

このリーダーのことは

因果応報という言葉が真実だと確信した出来事でした。

いじめは人生の記憶にはっきり残るほど

苦痛な経験です。

もう二度とあんな思いしたくありません。

それほど深い傷を負うことです。

でも
いじめを経験した人は人の痛みがわかる人間になります。


これも事実です。

一人で抱え込まず誰かに必ず相談する、自分以外にはき出すところを見つける

その勇気を持つことを忘れないでください。

日本の人口でも1億人以上います。

必ずあなたの力になってくれる人が存在します。

そして胸を張って「逃げる」という強さも

あることを覚えていてください。

あなたがあなたらしくいれる場所がいるべき場所なんです。





相談事もお受けしますので気軽にコメントください☆
一緒に生き抜いていきましょう!

seiku
プロフィール

清空

Author:清空
大鳥清空です。
FTMで坊主,NLPカウンセラーです。
幼い頃から
なぜ自分が生まれたのか
そして
自分という生き方に悩み続けていました。
自分より大切に思える
奥さんのおかげで自分の生き方を
見出すことができて今があります。

社会からの冷たい目や罵声も浴びましたが
マイノリティだから得たことも
たくさんあります。

今の社会は生きにくいです。
だからこそ
自分らしさを見失ってはいけません。

ランキング参加!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。