FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水族館は本当に存在するべきなのか

こんにちは!

大鳥清空です。

最近カヤックに乗って海を航海することにハマッています★

カンカン照りの中を潮風に吹かれながら大好きな海が全面に広がるのは

むっちゃくちゃ気持ちが良いですね!

リフレッシュします^^

この間からスナメリやイルカに連続で会えたので今日はこの話題・・・

水族館のお話です。

海の動物に会いにいくならどこにいきますか?

この質問をされたらみなさんはどう答えますか?




水族館

きっと多くの人がこう答えると思います。

それもそのはず。

日本は水族館の数が世界1位なんです!
(どこで1位とってるんだよ)

その数・・・・約100超え

一説では200を超えるとも言われています。

何気なく水族館で目にする動物たちですが

どこからやってきたのかそのルートは知っていますか??

❍海で捕まえる

❍国内(外国)からの購入


悠々と泳いでいる魚たちが突然拉致されるようなものですよね。

しかもそれを高値で売る。。。

これを人に置き換えるとものすごく恐怖を感じませんか?

しかも動物の取引はものすごくお金が動くことでもあります。


イルカ1頭・・・180万円

シャチ1頭・・・1億円

びっくりしますよね。

福沢諭吉が何人いるんだっていう笑


日本で安定の人気を誇っている水族館ですが

色々と問題になっていること

知っていますか?

近年の国の発達、技術の発展のおかげで

イルカや様々な動物の知能や習性などが以前より

さらにわかるようになってきました。



ここではイルカの生態を代表してお伝えさせていただきます。

イルカは超音波を使い、音波が岩や壁に跳ね返ることで周辺を察知して動くと言われています。

脳の大きさも人間とほぼ変わらない そうです。

特に視覚や知能に大きく関わる大脳も発達しているので

覚えることも考えることも判断することもできるんです。




イルカに助けられた説

ある人は、海で泳いでいた時にイルカに四方を囲まれ動けなくなったそうです。

なぜだろうと思い、周りをよく見ていると

なんとホオジロザメが近くにいてイルカたちに助けられたそうです。


調べてみるとダイバーやサーファーなどがイルカのおかげで

命拾いしたというエピソードがけっこうでてきます。

逆にイルカに襲われたという話は聞かないので

とても優しい性格なんだと思います。

そしてグループで行動することでも知られています。

テレビなどで海を泳ぐイルカたちもだいたい一匹ではなく何匹かの集まりで

見ることが多いですよね。

僕もこの間イルカに会ったとき5匹ほどの群れでいたことを覚えています。



色々な研究のなかで

イルカに限らず多くの動物に感情というものが存在するということも実証されており

今、動物への命の考え方が変わりつつあります。

今のこの世界の流れは人間が頂点に立つピラミッドのようなものではないでしょうか?

人という存在が絶対的なものであり、その他のものは全て人の支配下に置かれている。

毎日生きていくなかでこのことが頭から離れることはありません。



水族館の話に戻りますが

水族館の動物たちは高値で売買されていますよね。

人の手で人だけのために。


海は危険がいっぱいだから水族館で十分なご飯食べれて逆にラッキーじゃない?


そう思う人もいると思います。

でも現状は水族館の方が地獄だったりします。

もともといた海の広さといえば

水族館の水槽の大きさなんて比べものになりませんよね。

実際に水族館に行って動物を見ていると

背びれがふにゃっと曲がっていたり奇妙な行動を繰り返す姿が見られます。

これはストレスが溜まっている証拠なんです。

目にも必ず心理状態が現れるので野生を知っている人には一目瞭然ではないでしょうか。


これは全て人が人のためにしていることです。


海の動物なんて滅多に見れませんよね。

海外に住んでいる動物でも水族館に行けば見れますし。。

そして本来しないであろう輪くぐりなどを練習させて人々を楽しませる・・・。

これは人間にとっては楽しくて可愛くて良いことなのかもしれません。

ですが動物たちにとっては・・・・・。




可愛い、楽しいだけの人の感情にまかせてしまっていいのでしょうか。


水族館の動物たちは短命なのも事実です。

シャチも本当は60年や80年生きると言われているのですが

水族館では5,6年だそうです。


行く度に新しい代に代わっている子もいますよね。

最近水族館に行ってもシャチがいないのはこれが問題になったからです。


本当は自然でこそ生きることのできる動物であり

人の支配下にはおくべきではない生き物だという証拠ではないでしょうか。


そんなことも関係しているのか近年では

欧米を中心に水族館の廃止が進んでいます。

これは国の法律によって定められたことで

すでに国内に水族館が存在しないという国も出てきています。



僕も水族館が小さいときから好きでよく行っていました。

ですが、水族館は人の欲望の塊なのではないかと思うようになりました。

水族館の裏側で僕たち人間を楽しませるためだけに

胃薬を毎回飲みながらショーをして僕たちを相手してくれているのです。

それを表面上の満足だけで見過ごしてしまっていいのでしょうか。

なかなかメディアでは表向きのことしか言われませんよね。

「この夏にはぜひ水族館に!」

「みんなが待っているよ」

これは人間が作った言葉です。


近年技術の発達で動物の生態のことが明らかになってきています。

この時代になったからこそ

便利だな、良い世界だな、と思うだけでなく

そこで明らかになったことに対して対応していかなければならないように感じます。


よく思いやりを持てと言いますよね。

これは人が人を思いやればいいだけの話でしょうか。

そんな薄っぺらい言葉の意味ではないと思います。


人間は心も感情も豊かに持っていて行動することも言葉を話すこともできる生き物です。

その能力を最大限に活かして

今の状態はなにかおかしいのではないか。

なにかできるのではないだろうか。

今一度、僕たちの周りにある全てを見直す時代が今ではないでしょうか。


今が本当に幸せなのでしょうか。

この世界は何万種類もの生き物が存在しています。

そのうちの特定の種類だけが笑っていて権力をもっている

こんな世界が当たり前でいいのでしょうか。


みなさんはどう思われますか??

すべての生き物がしっかりと命を全うできるように・・・・

seiku




















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

清空

Author:清空
大鳥清空です。
FTMで坊主,NLPカウンセラーです。
幼い頃から
なぜ自分が生まれたのか
そして
自分という生き方に悩み続けていました。
自分より大切に思える
奥さんのおかげで自分の生き方を
見出すことができて今があります。

社会からの冷たい目や罵声も浴びましたが
マイノリティだから得たことも
たくさんあります。

今の社会は生きにくいです。
だからこそ
自分らしさを見失ってはいけません。

ランキング参加!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。