FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スコティッシュフォールドの病気、ペットショップの裏側知っていますか?

こんばんは!

大鳥清空です。

最近猫ブームが到来しているようで

どこへ行っても必ず猫グッズがあることに

テンションが上がってます笑

100均にもむちゃくちゃありますよね。

みなさんは猫好きですか???


猫ちゃんに詳しい方ならご存じだと思うのですが

今日はスコティッシュフォールドのお話をしたいと思います。





==================================================


❍スコティッシュフォールドとは

❍気をつけなければならない特有の病気

❍ペットショップやブリーダーの事情


この順番でお話しますね。


===================================================


❍スコティッシュフォールドとは

IMG_6995.jpg



スコティッシュフォールドって知ってますか??

猫ちゃんを飼うランキングで3本の指に入るほど大人気の猫なんです。

なんといっても折れた耳 丸い顔 まん丸な目

が特徴的で僕たちの心をわしづかみにしていく野郎なんです笑

そしてなんといっても外せないのが


スコ座り


このスコ座り

このどこかのおっさんのように座ることができるのはスコティッシュならではの特技なんです。

もともとスコットランドの突然変異で生まれた種類

この独特な可愛さに魅了された人間がスコティッシュフォールドを増やしたと言われています。


うちにもスコティッシュフォールドがいます。

スコティッシュフォールドのマル

名前は見た目のまんまで・・・マルです笑

スコティッシュだからといって選んだわけではなく

奥さんの一目惚れで家族にむかえました☆

うちのおかみ的な存在でみんなのことを遠くからいつも見守ってくれている

すごい優しい子です。

おっとりしていて優しいというのもスコティッシュの特徴的な性格なのかもしれませんね。


ペットを飼うならペットショップが安心だろうと思っていました。

マルと出会うまでは・・・

そしてペットショップの裏事情を知るまでは・・・・。






=====================================================


❍気をつけなければならない特有の病気


きっとスコティッシュフォールドを家族に迎えている方はたくさんいると思います。

いつまでも元気でいて欲しい というのは必ず思いますよね。

だからこそ気をつけなければいけないこと なので

元気だから大丈夫!とは思わず知っていただきたいです。


そしてできれば病気のことなど考えたくないですよね。

でも知っておくともしもの時に早期発見につながりますし

落ち着いて猫ちゃんに対応することができるので

ぜひ知識を増やす、世界を広げる意味でも読んでいただけると嬉しいです。


スコティッシュフォールドの始まりは先ほど書いたとおり

突然変異で生まれました。

それが特有の病気の原因になります。




折れ曲がった耳



これが可愛いのに病気になる原因だなんてなんだかショックですよね。

通常の猫は立っている状態の耳なので

風通しもよく自分でも綺麗に磨くことができます。


IMG_6984.jpg


ですがスコティッシュはというと・・・

IMG_6105 (1)

ほぼ折れ曲がっています。

なかにはピンと立っている子や半分折れている子もいるようです。

なのでなかなか掃除が行き渡りにくく

中で湿気てしまうこともあるので

時々異常がないかチェックしてあげる必要があります。


骨肉腫(骨瘤)


これが一番怖いです。

骨の形成異常が原因でほぼ遺伝でつたわってくるのですが

足や手などの部分に軟骨ができてしまい

それがコブのようになっていきます。

その子の体質によって変わってくるのですが

コブができて大きさはそのまま。

コブが大きくなっていき皮膚を突き破ってしまう。

などの症状がでてきます。

もちろんならない子もいますが

骨瘤が原因で歩けなくなったり生活に支障をきたしてしまう子もいます。

かわいい家族なので日頃から細かく足を触ったり、歩き方や様子がおかしくないか

見てあげてください。

うちのマルさんは最近骨瘤だということがわかりました。

IMG_7260.jpg

後ろ足に何個かできていたんです。

マルのレントゲン

まだ大きさもあまり大きくなく、幸い地面に直接つく場所ではなかったので

よかったのですが様子を見ているところです。

この骨肉腫、やっかいなことがありまして・・・・

治療法がないんです。

これはスコティッシュが突然変異で生まれながらの遺伝のものなので

はっきりとした原因がつかめず、完治する治療法も未だ見つから

ない
ということです。

できる治療法としては

経過観察、そしてできた骨肉腫を手術して削り、足への負担を減らすということだけです。


マルもできるだけ足に負担のないように家に高さをつくらないことや

毎日ちゃんと走るか、痛そうな様子はないかを見て

あとはこれ以上骨瘤が大きくならないことを祈るばかりです。

予防法としてなにか紹介できれば一番なのですが

残念ながらこれをすれば防ぐことができるというものが存在しません。


一緒にいる家族なのに何もできないことがとても心苦しいです。


=====================================================


❍ペットショップやブリーダーの事情


僕たちは何も現実を知らないままペットショップでマルを連れて帰りました。

マルと会えたからよかった、でもその代わりに犠牲になる子がいる。

ペットショップという動物を売り物にして利益を出しているものに

荷担してしまったという反省をしています。

動物が大好きです。

ですが知らないまま好きな動物たちを

自分たちが苦しめていることが残念でなりません。

好きだから、だから精一杯生きることができるようにその子たちの人生を守る行動を

とっていくのが人としてのあるべき姿だと思います。

そしてまだ知らない人達に知ってもらい

自分たちの気持ちがそのまま素直に動物たちに伝わる世界になってほしいと思います。


ペットショップに行くといつでも子犬や子猫がたくさんいると思いませんか?

行く度に新しい子がいたり

いなくなっている子がいたり・・・

家族がみつかったのかな・・・

って思うぐらいで深く考えることってあまりありませんよね。

ですが

実際、ペットショップで(こんな言い方はしたくありませんが)売れ残ってしまった子の行方は

わかりません。売れないからといってだまってお店の裏で殺してしまいゴミと一緒にだしてしまう。

そんな事も実際にあったようです。


ブリーダーと呼ばれる繁殖を専門にしている人達がペットショップへ卸す。

という流れが多いようですね。

ブリーダーも日本での規制はとてもゆるく他国は登録制や研修があるのにも関わらず

日本はまったくなく誰でもすぐになれてしまいます。


ブリーダーにもランクが存在し、動物の健康や状態などに気を遣い無理なく繁殖させる、という良いブリーダーもいますが

規則がないのでお金もうけが目的でもブリーダーになることができてしまうんです。

結果、たくさんの子どもたちが生まれてすべてが

うまいこと引き取られ、生涯をまっとうできればいいのですが

現実は謎な部分が多いんです。

ブリーダーはペットショップに卸す、もしくは個人で売るのですが

ペットショップへの移動中に行方不明になっている子がいるんです。

また国の規制がないので

生まれた数、そしてその子達がどこへだれだけいったのか

確実な数を把握できていません。

となると悪質なことはし放題なわけです。


ペットショップでも本来は生まれて3,4ヶ月ぐらいはまだお母さんのそばでいないといけない歳なのに

引き離されてしまい、毎日人の目のストレスがかかり自然とはいえないでしょう。

そして売れなければどうなるのかわからない。

また売れる種類ばかりを大量に仕入れるので

ブリーダーもそのように繁殖させます。


うちにいるマルもスコティッシュですが

折れ耳が人気ですよね。

自然な交配であれば50%の確立で折れ耳が生まれるようですが

絶対なんてことはあり得ません。

ですが確実に卸すためには絶対に折れ耳が生まれなければなりません。

折れ耳は優性遺伝なので

折れ耳同士の交配だと確実に折れ耳が生まれます。

なのでブリーダーによってはこの繁殖の仕方をしている人もいます。

しかしこれが大問題です。

これは折れ耳という強い遺伝子の掛け合わせになるので

血が濃くなるように遺伝子の強さが増し

奇形や体の弱い子が生まれてしまう可能性を高くします。

それが原因で骨肉腫なども存在するのではないでしょうか。

もともと自然の突然変異を人工的に増やし利益にしています。


それも動物好きな人達のために。

これは何かおかしいのではないでしょうか。

人間の欲望を満たすためにたくさんの動物が犠牲になっている気がします。

僕も何もしらずマルと出会い、マルと会えたことは本当によかったです。

でももうペットショップへは行きません。

人がペットショップにいくから犠牲になる子たちが増えてしまいます。


保健所では毎日数え切れないくらいの動物が殺処分されています。

なのにかたわらではたくさんの動物が産まされている。

本当に不思議な世界です。

人の命の大切さと同様に動物の命の尊さも考えるべきではないでしょうか。

殺処分が多いと問題にしながら生まれているところには目を向けないのもおかしいと思います。


動物が犠牲になることがなくならない限り

世界が平和になることはないのではないでしょうか。

みなさんはどう思いますか??


IMG_6357.jpg

今ある命を大切に、これ以上犠牲になる子がありませんように。

seiku


Twitter、Facebookやってます!

コメントやいいねよろしくお願いします。




















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

清空

Author:清空
大鳥清空です。
FTMで坊主,NLPカウンセラーです。
幼い頃から
なぜ自分が生まれたのか
そして
自分という生き方に悩み続けていました。
自分より大切に思える
奥さんのおかげで自分の生き方を
見出すことができて今があります。

社会からの冷たい目や罵声も浴びましたが
マイノリティだから得たことも
たくさんあります。

今の社会は生きにくいです。
だからこそ
自分らしさを見失ってはいけません。

ランキング参加!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。