FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏バテ防止にも!ヒプノセラピストが教える質の良い睡眠の入り方

こんばんは!!

大鳥清空です。

毎日暑いですね。。

熱中症など体調は大丈夫ですか??

今日は夏バテになってしまったとき、もしくはならないための

重要ワードを紹介します^^

そしてこの夏特に寝苦しい、しっかりと眠れない・・・

という方にも朗報です!!

ヒプノセラピストでもある清空が

寝つきが良くなる方法

紹介しますのでぜひ今晩から試してみてください☆





====================================================

❍そもそも夏バテとは


夏になると太陽からの日差しや気温の上昇もあり

体が熱くなりますよね。

体外からの暑さは体の中にまで影響します。

冷たい飲み物を飲むことで体は体温調節をしようとするのですが

体内は冷えることで機能が低下してしまいます。

そこへ日中の暑さでかなりのエネルギーを使ってしまった体は

疲れがとれにくくなります。

そのため体内の機能もなかなか回復せず

免疫がおちてしまい

夏風邪をひいてしまいやすくなるんです。

夏バテになると


体がだるい

食欲がわかない

集中力がなくなる

やる気がおきない


などの症状がでてしまいます。


IMG_6549.jpg
↑うちのにゃんこも暑さにはぐったりです笑


==================================================

❍夏バテに勝つ必勝法


夏バテにはよく

水分をとりなさい。

塩分をとりなさい。

ご飯をしっかり食べなさい。


と言いますよね。

しかしとても大切なことを見落としてしまっているんです。

頭のなかで当たり前のように覚えてしまっていることなので

自然と水分や塩分に手がいきがちですが

その自然な行為こそ注意が必要なんです。


水分を摂り過ぎると・・・水中毒に。。


人の体の水分は腎臓で利尿され排出されます。腎臓の利尿の限界量を超えてしまうと体に水分が溜まったままになり

体の中のナトリウムが薄くなってしまい水中毒になってしまいます。

軽度では吐き気や頭痛などの症状なのですが

重度になると死亡してしまうこともあるので気をつけなければなりません。



塩分を取り過ぎると・・・脱水症状と血栓に


水の次は塩分だ!と言われるぐらい重要とされるものですが

塩分をとったときに体がカーッと熱くなるときありませんか??

塩分を摂ると血圧が一時的に上がります。血管がキュッと細くなるんです。

そして汗が必要以上にでてしまい返って脱水症状を引き起こす原因の1つになります。

また、汗をかくことでいつもよりも体内の水分が少なく血も濃くなっている状態に

塩分をとると血がつまりやすく血栓を起こしてしまう場合もあります。

これはあまり注目されていないことなので余計に注意が必要です。



そして食欲がないときに無理にご飯を詰め込むこともオススメしません。

食欲がないということは体がうけつけない、ということです。

そんな時に体に入れると気分が悪くなったり、嘔吐してしまい余計に体調が悪化してしまうこともあるからです。



このように誰もが体に何かをとりいれて治そう、予防しようという方面で考えるのですが

それよりももっと大切なことがあるんです。


その必勝法というのが・・・睡眠なんです。





====================================================


❍睡眠が必勝法なわけ

当たり前にみなさん毎日寝ていますよね。

なぜ人は寝るのか。。考えたことはありますか??

一日の疲れをとる最大の方法だからです。


睡眠は

レム睡眠ノンレム睡眠という行為を

交互に行ってとっています。

レム睡眠というのは

深い眠りに入る序章のようなもので

体は眠っているのですが脳の一部が起きていて活動している状態

です。

金縛りだとか夢を見ているときはこの状態のときだと言われています。


ノンレム睡眠

このレム睡眠よりもより深い眠りについているときで

体も脳も完全に寝ている状態です。

睡眠に入ってから約2~3時間後にノンレム睡眠にはいると言われています。

この状態になってやっと体を休めている、疲れを摂っている状態になるわけです。


睡眠時間を8時間とっていたとしてもノンレム睡眠に入る時間が少なければ

しっかりと睡眠がとれていないことになります。

そして何よりも大事なのは

一日の疲れは睡眠によってしかとることができません。

カゼの時でもよく寝たら早く治りますよね。

人の体と脳がしっかりと活動をお休みするときは寝ているときしか

ないんです。


夏バテにもこの睡眠をしっかりととって毎日の疲れをとることが

とても重要なポイントになることをぜひ覚えていてください。






====================================================

❍眠りにつきやすい方法

夜も暑くて寝苦しい、なかなか寝付けない!!!

お悩みの方は多いのではないでしょうか???

ここで紹介するのは

ヒプノセラピー的な睡眠の入り方

ヒプノセラピーというのは

人のトランス状態の時に行うセラピーのことで

トランス状態というのですが

寝ているのか起きてるかよくわからないときってありますよね。

その時が一番リラックスしていてトランス状態だと言われています。

このときは人の無意識にはっている壁が唯一自然にとれるときで

その時に行うセラピーやカウンセリングが最も効果的だとされています。

本当は実際に横で寝てもらって隣で声をかけながらするのが

一番なのですが

ここでは一人でできる簡単な方法を紹介しますね。


1 自分がリラックスできる体勢で横になる

全身に力が入らないラクな体勢になってください。


2 ゆっくりと深く呼吸する

鼻から吸って口ではくことを意識してください。

3 心臓の音に呼吸を合わせる

ご自身の心臓の音に合わせてゆっくりと深呼吸してください。

4 今日一日のなかで楽しかったこと嬉しかったことを想像する

あまり考えすぎないでシンプルに楽しかったな、嬉しかったなという感情に思いを向けてください。


羊の数を数えるよりも簡単に眠りに入ることができます笑

あとはゆっくりと心臓の音に合わせて呼吸を続けるだけです。


嫌なことがあったときもその事を考えて眠りに入ると

眠れなかったり嫌な夢をみてしまったり

眠りが浅かったりと次の日にまで影響してしまうので

嫌な感情などネガティブなものは前の日に置いていってしまいましょう。


暑さも心を静かに深呼吸していると自然に薄れていきます。


心で思ったことは現実になる

暑さが続く毎日ですが

質の良い睡眠をとって毎日笑顔ですごせますように。

どうかお体大切に毎日過ごしてください。

愛猫ショット


seiku












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

清空

Author:清空
大鳥清空です。
FTMで坊主,NLPカウンセラーです。
幼い頃から
なぜ自分が生まれたのか
そして
自分という生き方に悩み続けていました。
自分より大切に思える
奥さんのおかげで自分の生き方を
見出すことができて今があります。

社会からの冷たい目や罵声も浴びましたが
マイノリティだから得たことも
たくさんあります。

今の社会は生きにくいです。
だからこそ
自分らしさを見失ってはいけません。

ランキング参加!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。